2013年3月2日土曜日

2013/03/02 テンカラはじめました

テンカラはじめました

 沢登りして、チョチョッと数匹釣って、焚き火で焼いて喰う。

↑がしたくてテンカラはじめました。

 しかし、餌釣りの方が釣れるとか、ルアーの方が喰い付きがいいとか、
どれにするか悩んだけど、職業漁師の釣り方に惹かれてテンカラにしました。

とりあえず道具を揃えてみました

・超明快レベルラインテンカラ 毛バリをパッと打って、ガッと合わせれば釣れる
・てんから兄弟 3.3
・Daiwa DPLS テンカラレベルライン フロロカーボン 4号
・VARIVAS SUPER TIPPET MASTER SPEC NYLON Monofilament 5X 4.7lb 0.8号
・FAIRY AXCELA テンカラ毛鉤 カン付き 12号 渓仙

仕掛け
・レベルライン4号 3.3m
・ハリス0.8号 1m 
・毛鉤 12号

 3月のやまめ解禁にザワツク先輩方を横目に、
キャスティングの練習をしに勧められた井戸江峡キャンプ場へ、
しかしキャンプ場のすぐ下流が工事中で人が沢山居たので、
こっそり上流で人目に隠れて練習開始。

 数年前に先輩にフライフィッシングを教えてもらっていて、
その先輩からリールが無いフライフィッシングみたいな物らしいよ、
との適当なアドバスで、振ってみました。

 すんなりとイメージ通りに振れてる気がしたので、
さっそく川面に向かって振ってみると、

 シュッシュッ、あれ?全然飛ばない!

本を読み直して、12時から2時に手首で振る事を意識したらそれなりに飛んだ。
しかし3.3mの竿って長いと思ったけど、全然手前にしか届かない。
うーん、川幅が広い場所には合って無いんだなーと一人納得。

 練習してるとそれなりに振れるようになったので、
沢に行きたい欲求が高まったので、場所を変えて川幅が狭くなる場所を探して移動

程良さそうな渓流が有ったので散策すると石堂溜池と言う溜池に出た、
試しに竿を振ってみると小さな魚が毛鉤に反応するのが見えたが食いつく事はなく、
次第に姿が見えなくなったので溜池にそそぐ渓流を登ってみた、
竿を振ってみるが、沢が狭く枝が多いので毛鉤が引っかかって1個ロスト。
魚影も見えなかったので、更に移動。

もう帰ろうかと思ったが、更に散策してさっきの沢より広めのポイント発見、
魚影は見えないが居そうな気がして、竿を振りだすとまた枝に引っかかり2個目ロスト。

本日の釣果:フライ -2個




きっと、魚は居るんだろうな?
独りで始めるのは無理があるのかな?
はたして釣れる日は来るのか?

てんから師匠募集中!

0 件のコメント:

コメントを投稿