2013年5月26日日曜日

2013/5/25-26 鳴子川 テンカラ遡行

坊がつるキャンプに誘われたので、鳴子川を遡行して行きました。

吉部登山口の先の橋から入渓

魚が居そうな雰囲気だけど、なかなか出ず、
毛鉤を少し小さい物に変えると反応アリ!
1時間半ほど釣り上がって、17cmゲット!
 
良さげなポイントが続くがなかなか来ないが

20分後に19cmゲット!

40分後に「F1」到着
流れの左側の岩を攀じ登りました。
思ってたより簡単でした。

F1を過ぎると、魚の反応が無くなった、渓は居そうな感じだが、
40分後に「暮雨の滝」へ到着
右を登りました。

「暮雨の滝」の上でランチタイム、
オレンジ色で目立つヘルメットを茶色に塗ってステルス化しました

45分後に「F3」到着
とても登れそうにないので、左を巻きましたが結構大変
右に巻き道が付いてるらしい

「F3」を過ぎると幅広く、浅く、砂が多くなりました

50分後に大船林道と合流して遡行終了
坊ガツルへ向かいます

意外と早く着いたので、大戸越しまでハイキング
ミヤマキリシマは満開までもう少し

メンバーと合流し宴会開始!

4人には多過ぎる

塩焼きで美味しく頂きました

パエリア

トマト鍋

翌朝は3匹の犬に癒されました。

吉部へ下山。

2013年5月18日土曜日

2013/5/18 鴨猪川 テンカラ遡行

鴨猪川へテンカラに行きました。

 平成24年度やまめ放流一覧で65kgと一番多く放流されるので、
鴨猪川へ行ってみました。


鴨猪林道へ入りたくなかったので下流の堂面橋より入渓
 岩がゴロゴロでいい感じに見えるが最初のうちは魚影なし
 木の上に紫の花が!蘭かな?
 1時間半程遡ると砂防ダム、右を巻きました

 更に30分遡ると10m級の立派な滝出現、足跡の有る右を巻きました。
本気の沢登りなら核心になるでしょう。
 暫く素敵な渓景に気持ちよく遡上
 魚影も濃くなって来たが、見えてる魚が釣れない
見えてるのになー
 更に2時間遡上すると連爆地帯に突入
左岸の伐採地の伐採された木が渓へ落とされていて
本流は急すぎて登れないし、左岸は倒木で困難な登り、
倒木を跨ぎながらなんとかクリアー
 連爆地帯を過ぎると平坦なゆる沢
 小さいサイズの魚影が急に増えたが、なかなか食わず、食ってもリリースサイズだけど、
と思ってると18cmのヤマメをゲット!綺麗なパーマーク!
 魚影は見えるが更なる釣果なし
渓の雰囲気が良くなった所で途中から入渓したフライマンと遭遇した、
ここまで5時間の遡行、登山口まで行くつもりだったけど、ここで出渓。
下山は約1時間の林道→道路歩き
途中に一人じゃ怖いトンネル有り。
 セーフリターン!

2013年5月15日水曜日

2013/5/12 北谷-親父山-祖母山-風穴-北谷②

つづき

障子岳を過ぎ、縦走路に出てしばらくすると崩壊している場所がありました。

祖母山まではまだまだ遠い

天狗岩もピンクでいろどり
天気が良すぎて暑すぎる

コップとフォークを持ってボーッと待っていると、
生姜スープ
バジルスパゲティ
ナスとトマトのスパゲティ
が出てきて

ケーキとコーヒーが出てきました
最高!満腹!大好き!

天狗岩の先へ寄り道

先っぽでヒカゲツツジに会えました

傾山までハッキリ

縦走路を祖母山へ向かう途中の岩場、ハシゴが怖い

祖母山山頂!
のんびりしてると小屋番さんが登山道の整備から帰ってきました。

風穴コースで下山
こちらもアケボノツツジが満開

風穴
 
風穴コースは記憶では鈴竹の藪漕ぎのイメージだったが、
登山道は切り開かれて歩きやすく、鈴竹も薄くて歩きやすいコースになっていました。

 
下山!

下山後に登山口で釣り人がイワナ?を袋一杯釣っていて、
あんなに釣れたらイイナーとヨダレ。

2013年5月14日火曜日

2013/5/12 北谷-親父山-祖母山-風穴-北谷①

アケボノツツジを見に祖母山へ行きました。

北谷登山口までの林道は相変わらず厳しい道でした。

沢つたいに黒岳を登ります。

足元はUL仕様

沢から離れるとスズタケの急登です

シャクナゲが出迎え

開けるとアケボノツツジ&快晴&遠くまで見えました

黒岳付近は満開

黒岳山頂

ずーっと満開

親父山山頂

とにかく眺めがいい

障子岳山頂

つづく